「連隊戦」攻略・レベリング(2015/12~2016/01)

イベント日程:2015年12月29日~2016年1月18日

難易度:易・普・難・超難

イベント内容:「御歳魂(おとしだま)」収集

褒賞:「御歳魂」50000→新刀剣男士膝丸

ドロップ褒賞:超難最終戦→新刀剣男士髭切

名前だけ目新しそうなのがついてますが要は玉集めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

小判はどのくらい必要か

まがまがの里同様、基本的にやることは玉集め。50000玉集めれば確実に膝は手に入ります。

毎日午前5時と午後5時の2回、参加券が3枚ずつ補充され、それ以上は3枚/1000小判のレートで購入するのも、これも前回と同じ。

というわけで、まず重要になってくるのは、超難が周回可能な程度には練度があるという前提で、小判が足りるかどうか。どのくらい必要かどうか。

※これが厳しい本丸は難をがんばって周回して回数稼ぐか特急でレベリングをがんばりましょう

イベントの開催期間は21日ですが、超難が1日遅れで実装になったため20日。

膝丸確保のためのノルマは1日だいたい2500個となります。

(イベント参加日数によって当然ながら変動します)

超難1戦ふつうにクリアすれば、課金アイテムを使わなければ玉は300手に入りますので1日1800。

小判1000出して3枚追加すると1日2700個入手でノルマクリアです。

※午前/午後5時直前に札買って使い切れないうちに更新くらってロストしてしまわないように気をつけましょう。もったいないので。

つまり、膝だけ確実に手に入れたいのであれば小判は20000枚あれば足ります。

ただし、今回髭切は超難最終戦ドロップ報酬です。

いつドロップするかによって必要小判は大きく変動しますので注意が必要です。

連隊戦のルール

  • レベル制限なし
  • 難易度ごとに決められている戦闘数をこなすことでクリア
  • 戦闘ごとに参加する部隊を変更することが可能
  • 一度交代させてしまった部隊は再度戦線に投入できない
  • 刀剣破壊・刀装破壊はない。帰城した時点でもとに戻る
  • 検非違使は出現しない
  • イベントでの勝敗は戦績の勝敗に追加されない
  • 敗北すると入手できる御歳魂は半減する

夜戦では通常マップ同様短刀・脇差が強化され、太刀・大太刀・槍・薙刀が弱体化されます。

高難易度のステージでは昼戦用部隊と夜戦用部隊を用意する必要が出てきます。

専用アイテム

二倍枡

取得御歳魂を2倍にする、まがまがで言う怪火相当のアイテムです。

玉集めの途中経過の褒賞としても手に入ります。

1回使うと1回の出撃で入手する玉を2倍にしてくれます。

髭が早めに手に入ってとっとと周回をおわらせてしまいたい時には活用したいアイテムです。

兵糧丸

次の戦闘前に「部隊を回復」を選ぶと使うことのできるアイテム。

ただし、回復するのは刀剣男士本体のダメージだけで、はげた刀装は復活しませんし、刀装のHPも回復されません。

事故でぼろぼろになっちゃって次の戦闘このままじゃ負けそうって時に使いましょう。

どちらもイベント終了後には消滅するようなので、ギリギリなのに無理して使わないでとっておく必要はなさそうです。

難易度:易

戦闘数:3

基礎経験値:主196 刀1戦あたり120

取得玉数:18

攻略編成

なんでもいいです。適当な部隊を投入

交代も必要なし

難易度:普

戦闘数:5

基礎経験値:主360 刀1戦あたり360

取得玉数:75

※夜戦あり

攻略編成

夜戦があるので部隊に打刀・脇差・短刀を1,2本入れておきましょう。

よほど弱い部隊を投入するのでない限り交代は不要

難易度:難

戦闘数:8

基礎経験値:主708 刀1戦あたり552

取得玉数:216

※道中敵出現パターンはランダム

※最終戦は室内戦(遠戦は銃以外無効)で固定

攻略編成

推奨レベル:50以上 60程度↑あれば安定周回可能

最終戦が室内戦になるため、レベルに不安がある場合は昼戦用部隊・夜戦用部隊と別々に用意したほうがいいかもしれません。

1部隊で突破を狙うのであればLv70↑程度、脇差・打刀のみの編成で飛び道具積んでいけば問題なく突破できると思います。

難易度:超難

戦闘数:10

基礎経験値:主1155 刀1戦あたり552

取得玉数:300

※2・5・6・7が固定で夜戦 5は室内戦

攻略編成

推奨レベル:短刀50以上・脇差60以上・打刀以上70以上

全10戦の内訳は、固定で

昼→夜→☆昼→☆昼→☆夜(室内戦)→夜→夜→☆昼→☆昼→昼

☆の戦闘は高速槍がランダム出現します。

2の夜戦で部隊を交代させてしまうと3・4の昼で苦労しますし、部隊が足りなくなるので、

  1. 昼夜対応可能な混成部隊で1~4
  2. 夜戦特化部隊で5~7
  3. 衝力特化部隊で8~10

の3部隊編成がおすすめです。

1.昼夜両対応混成部隊

大太刀1・打刀+脇差3~4・槍1~0、太刀0~2

2の夜戦対策に最低でも半数は脇差と打刀で組んだほうがいいでしょう。

脇差は3・4で弱いので打刀偏重でいいと思います。

3・4の槍対策で大太刀1。1本だけなので、一番強い蛍丸をこちらに出すのを推奨します。

強い槍が育っていればこちらに1本回してもいいですが、90台ないならA勝利の率はあまり変わらないのでお好みで。

第1部隊のほうが経験値は入ります。

2.夜戦特化部隊

短刀4~6、脇差0~2

6あたりで攻撃が一人に集中するとたまに重傷くらったり死んだりしますが事故なので気にしない方向で。

短刀もたまに一撃必殺を外すほどで、脇差はまず間違いなく一発では敵を倒せません。

手数が増えれば当然そのぶんこちらがダメージをくらう率が増えますので、短刀が多いに越したことはありません。

3.衝力特化部隊

槍1~3、大太刀1~3、余った枠をなるべく強い太刀で埋める

大太刀で槍以外を刈り取ってしまって、残った高速槍を確実に仕留めていく構成です。

8・9の高速槍で刀装を持っていかれたり本体を重傷寸前まで削られると、10で死んでA勝利を落とすことがあります。

髭切確保までは最終戦はA勝利必須なので、8・9の槍を早めに減らせるように衝力の高い部隊を組みましょう。

馬は基本第3部隊に。ですがなるべく早めに行動して敵3体を倒せるように、機動17の馬を1頭、第1の蛍丸に持たせます。

残りは機動の低い順に速い馬に。

連隊戦を利用したレベリング

難1周(すべてA勝利として)4400、超難一周でおよそ5500経験が入ります。

経験がコミだった前回のイベントとは違い、なかなかおいしいです。

周回が必要なイベントですので、レベリング用の周回をしなくてもいいのでモチベ保てますね。

超難周回の場合、3部隊に別れますので、4戦する第1部隊がおよそ2000、

第2、第3は1600ほど経験が入ります。

部隊長ボーナス・誉ボーナスはありませんが、そのぶん全メンバーが一律にあがります。

ただし、桜がついたりとれたり、一部の刀のみ疲労したりするので、

内部的には誉は選出され、それに応じた疲労度の増減は計算されているようです。

そのせいもあって、どうやっても大太刀がおそらくほぼ誉をとっているであろう第3部隊が、

cond49から開始すると小判1000枚ぶんの3周で疲労がつきます。

すべてA勝利すると仮定して1周cond値は-10。

49-30=19で誉が取れなかった刀はオレンジ疲労です。

ただ、ここで30分疲労抜きをしても、次は2周で疲労がつくことがあります。

これは、疲労度回復のタイミングが本丸に帰還した瞬間からのカウントではなく、

最大2分59秒の誤差が発生するためだと思われます。

確実にcond49から開始したければ36分インターバルをとりましょう。

疲労を極力避けたければ戦闘数を増やす必要があります。

交代なし1部隊での周回ですね。

練度と構成次第では不可能ではないですが、全員カンスト間近ぐらいはないと安定しません。

レベリングが必要な程度の刀ではちょっと無理があります。

管理人は50000玉集めたところで

蜻蛉切 61→74 (第3)

乱 64→74(第2)

明石 69→82(第1)

蛍丸 85→94(第1)

一期 95→98(第1)

日本号 94→97(第3)

という感じでレベルが上っています。

桜づけは有益か

結論からいうと、手間に見合うリターンはないと思います。

交代なし1部隊編成なら桜をつける手間もそれほどではありませんが、

3部隊18本を三重づけすると1時間~1時間半かかります。

とくに第3の刀は、もって8周、9周で真っ赤になるはずです。

1周およそ10分なので1時間半程度。

そのころには第1・第2の刀で誉が取れてない刀に疲労がつきますから、

また全員桜をつけなおして1時間半。

3周回って30分、そこで第3が疲労するので疲労抜き30分

かかる時間は同じです(苦笑)

桜がついていると刀剣男士の能力は1..2倍されますので、

周回がギリギリだったりしょっちゅうC勝利するようなら意味はありますが、

桜なしでもほぼ安定周回可能なら疲労抜きの30分*3をほかのことに

使ったほうが断然有意義でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする