刀装を忘れずに

出陣時、きちんと刀剣男士に刀装をつけさせていますか?
刀装があると手入れの手間がほぼなくなります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

刀装とは

刀装は、刀剣男士の装備品で、種類によってステータスに補正がかかり、一部には特殊効果のあるものもあります。
また、それぞれ固有の生存値を持っており、戦闘時、一部の敵を除き、攻撃を受けた場合、まず刀装の生存(HP)が減っていきます。

いわば、外部HPタンクです。

刀剣男士本体のHPは手入れをしないと治せませんが、刀装のHPは0にならない限り本丸に帰還すると全快します。

手入れには時間と資源がかかり、手入れを短時間で終わらせる手伝い札は入手手段が非常に少なく、日常的には使えません。

スロットすべてに刀装を装備させ、刀剣男士を守ってあげましょう。

また、一部の刀装には遠戦時に敵を攻撃する能力もあります。
うまく使えば白刃戦前に敵を半壊に追い込むことも可能です。

刀装の強度は装備している本体のレベルにある程度依存します。

同じマップで敵の攻撃を受けても、レベルが低い時は遠戦の一撃で刀装がほぼ完全に吹っ飛びますが、レベルがあがればダメージ1ですみます。

逆に言えば、1戦で刀装が半分以上溶けるようなマップはアンダーレベルだということです。

刀装の溶け具合いでマップをもう少し戻るべきかを判断できますので、新しいマップに挑戦する時は注目するといいでしょう。

刀装がどんどんなくなる時は、前のマップに戻ってもう少しレベリングをしましょう。

種類別刀装レシピ

刀装のうち、歩兵と騎兵はどんな配合からも出現しますが、それ以外の刀装はある程度配合を工夫しないと作成できません
また、刀種によっては装備できない種類もありますので気をつけましょう。

それぞれの種類の刀装が比較的出やすいと言われているレシピは以下のとおりです。

【重歩兵】250/150/50/50

【精鋭兵】150/100/250/150

【重騎兵】150/50/150/150

【投石兵】50/100/50/50

【弓兵】200/100/200/150

【銃兵】150/250/150/150

【槍・盾】50/50/50/250

あくまで「作れる可能性がある」だけであって、確実に狙った刀装ができるわけではありません。

また、並~特上のうちどれが出現するかは運です。
失敗することもあります

失敗0や特上の出現率アップなどのキャンペーンがある場合は出現率が変わります。

刀装が剥がれまくる、攻略や愛のために刀装は特上で揃えたい、など。
刀装を大量に作成することもあるかもしれませんが、じつは刀装は数を作ると案外と資源を消費します。

たとえば重歩兵を10回作ると木炭を2500も消費します。
太刀5本ぶんです。

6-x攻略でどんどん投石兵が剥がれるので作り足しているうちに気がつくと玉鋼が2ケタ、手入れもできない、なんてことにもなりかねません。

ご利用は計画的に。

近侍による成功率・特上出現率

時々、「うちの◯◯は刀装をつくるのがうまい/へた」などと審神者同士の会話で話題になることがあります。

実際はそんなことはありません。

閉鎖してしまわれましたがユーザーの協力を得て鍛刀・刀装製作の記録を自動収集する専用ブラウザを作っていたかたがあり、データベースの閲覧が可能だったのですが、特定のレシピでの特定の刀装の出現率を、全件と特定の近侍で絞り込んだ時でめだった製作率の差はありませんでした。

特定のキャラを近侍にしている率が高かったり、特定の刀装ばかり作らせていたりすると、失敗ばかりしていたり、よく成功するように見えたり、逆に1回だけ近侍にした時に刀装を作ったら金ができた、などが印象に強く残っているだけだと思われます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする