部隊のレベルを平均的に上げる

部隊に編成している刀を平均的にレベル上げしたいという時。
一人だけどんどんレベルがあがっていってしまう刀剣がいると、困ってしまいますね。

突出した刀が出ないように調整するコツをお伝えします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誉を分散させる

平均的にレベリングをしたい時、重要なポイントは極力均等に誉を分け合うことです。

誉をとった刀剣男士には経験値が2倍入ります。
特定の刀に誉が偏ると、その刀だけどんどんレベルがあがっていってしまいます。

平均してレベリングするには、誉を分散させることが重要です。

一巡で敵を殲滅できるマップを選ぶ

どんなに取得経験値が大きくても、二巡で敵を倒しきれないようなマップに挑んでいては誉は安定しません。
刀装もすぐ落ちて、場合によっては一撃重傷もくらいかねません。

そのメンバーで戦える一番強いマップに出撃するのは当然のことですが、背伸びはしないほうが結果的に効率があがります。

目安になるのは、

  • 刀装が落ちない
  • 一巡で敵を倒せる

この2点。

とくに遠戦をくらって刀装が一気に8ぐらいダメージをくらうのは、アンダーレベルの証拠です。
敵を倒すことは不可能ではなくても、刀装を落とされたり本体に大ダメージをくらったりして撤退が増えます。
ボス前以外での撤退が続くと部隊全体のcond値が落ちて疲労がつき、能力値が下がってさらに刀装を溶かされたり重傷をくらう危険性があがります。

また、攻撃が二巡めまで回るということは、二巡めに攻撃した刀が一巡しか攻撃しなかった刀より多くの経験値を得るということです。
攻撃順は機動順と決まっていますので、機動の高い刀が誉泥棒になります。

たまの事故は別として、攻撃が常に二巡めへ回ってしまうようなら出撃マップを見直しましょう。

※ただし、6面で短脇レベリングをしている時の、高速槍に関してはかなりレベルが上回っても一撃で倒せない時があるので考慮外です。

とはいえ刀装が落ちないマップで敵を一撃で倒せないということはまずありません。
刀装が飛ばないことをより重要視したほうがいいでしょう。
新しいマップに進撃してしばらくは遠戦時のダメージに注目しておきましょう。

刀装は遠戦もしくは非遠戦で統一する

誉は「相手の部隊に最も多くのダメージを与えた」刀剣男士に与えられます。
遠戦装備をつけている刀がいると、その刀だけが刀装の分余計にダメージを与え、誉をとりやすくなってしまいます。

部隊全員が遠戦装備をつけられるのであればそうした偏りはあまり発生しなくなります。

一部の刀が装備可能であっても、部隊に遠戦のできない槍や太刀などがいる場合は装備させず、歩兵や騎兵をつけさせましょう。
遠戦でHPを半分ぐらい削ろうが削るまいが、どのみち一巡で敵を全部倒しますので、大して差はありません。

隊長は一番レベルの低い刀にする

隊長の取得経験値は隊員の1.5倍。誉をとれば3倍にもなります。

部隊で一番レベルの低い刀を隊長にしましょう。

あまりレベル差がありすぎると最後まで追いつきませんが、少しずつ差が詰まっていきます。

全員が同レベルになったら、そのうち隊長のレベルが抜けていきます。
たまに編成画面を開いて、突出してきたなと思ったら別のメンバーを隊長に入れ替えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする