刀剣乱舞レベリングガイドへようこそ

大人気のブラウザゲーム・刀剣乱舞。
スマホ版やアニメなどから新たに審神者としてデビューした人も多いのではないでしょうか。

ところで、育成は順調ですか?

壁にぶつかっていませんか。

途中までは順調だったのに、
急に敵が強くなってしまってぜんぜん次のマップがクリアできない。
楽しくなくて、もうプレイしなくなっちゃったヽ(`Д´)ノ

刀装の補充と手入れで資材はかつかつ、手入れにものすごく時間がかかっていらいらする。
待ってられないから毎回手伝い札を使って、いつも手伝い札のストックはごくわずか。
せっかく新しい刀剣男士が手に入るイベントがやってきてもレベルが足りなくて
マップがクリアできない。
あるいは道中で出てくる槍にぼこぼこにされて、手入れしたいのに手伝い札がもうない・・・。

大好きなあの人が声をあててる刀剣男士が手に入らないままイベントが終わっちゃう・・・orz

そんなことにならないように、刀種やレベル、マップに合ったレベリングで、
しっかり手持ちの刀剣男士を育てておきましょう。

このサイトではレベリングをメインに、刀剣乱舞をストレスなく楽しむ方法を
お伝えしていきます。

イベント開催中

年末年始恒例連隊戦がはじまりました。

蛍丸編成の1.5倍ボーナスがつかないのに取得玉数は変わりません。

連隊戦(2018/12~2019/01)
年末年始恒例の、正規の連隊戦です。
今年は初の追加大太刀祢々切丸が実装です。

イベント後半恒例、面倒になってきている審神者にやる気を出させるための新刀剣男士描き下ろしイラストが投稿されています。

祢々切丸実装記念イラスト
祢々切丸実装記念イラスト

豊前江は新規イラストがなくて残念でした。

今後のイベント予定

12月28日に、年末年始の予定が発表になりました。

連隊戦は15日まで続きますが、その合間に新年キャンペーンがいくつかあります。

元旦に近侍から年始の挨拶

これは毎年恒例です。いの一番に推しに挨拶してほしい審神者はログアウト前に近侍の変更を忘れずに。

2日~13日に毎日おみくじ+新春シールまつり

こちらも昨年と同じ。毎日初回ログイン時にランダムで刀剣男士があらわれておみくじを引かせてくれます。完全ランダムかつやりなおしは効かないため、あたったものを素直にもらいましょう。

また、おみくじを引くとシールを1枚ゲット。全部集めると刀剣男士が1本もらえます。

ただし全員ではなく、すでに3回めになるので交換対象はもう全員持っているということも十分ありえます。そういう場合は乱舞モードを進めたい刀をもらうか、修行道具などにかえましょう。

期間限定鍛刀/日向・大般若

1~8日が日向政宗、

8~15日が大般若長光です。

未入手の本丸、乱舞モードを進めたい本丸はがんばりましょう。

期間限定景趣切り替え(8日

8日から立春になるようです。

現在の二十四節気景趣はもらえなくなりますので、ほしい場合は急ぎましょう。

サービスイン4周年キャンペーン(14日~

プレゼント予定とのこと。

「引換所実施」は2日からのシールの引換所のことでしょう。

また、サービスイン初日に着任した本丸から順に就任4周年のお祝いもあるはずです。

映画公開記念プレゼント(18日~

映画「刀剣乱舞」の公開に合わせてプレゼントがあるようです。

4周年キャンペーン同様「~」となっていますが期間内初ログインでプレゼントなのか、複数日にわたってプレゼントがあるのかはまだはっきりしません。

8面実装(22日

ようやく新マップの登場です。

これが一番うれしいという廃本丸も多いことでしょう。

ただ、7面の時もそうでしたし「青野原の記憶」「阿弥陀ヶ峰」となっていますので、1面フルの解放ではなく、たんにマップ1枚のみ、8-1の実装と思われます。

今回も6面7面と同じく、ごく狭い時間場所をピンポイントでとりあげたマップになりそうです。というか、すでに平安から近世までざっくりした歴史は追ってしまったのでそうするしかないのでしょう。南北朝時代の事件か、あるいは異名とのことなので関ヶ原かもと予測が飛び交っています。

新刀剣男士の文字はありませんので貞ちゃんや亀甲のように新マップとともに新刀剣男士の実装とはいかないかもしれませんが、予告がすべてではない可能性はあります。

また、これも予告はないので、手入れ無料・半額・時間半減等のキャンペーンはない可能性が高いです。

7面の次の面ですので、極になっていない刀剣、極になったばかり程度の刀剣男士では即座になますにされる可能性も高いです。刀装もまたたく間に溶けていくでしょう。

手入れ及び刀装作成用の資源や手伝い札の準備はしっかりしておきましょう。

遠征を活用しよう
案外と軽視する人の多い遠征。
しかし、遠征をきっちり回すことこそが、安定した本丸運営の要になるのです。

資材は経験値のまずさと手間を無視して4-3などを低レベル極刀剣でガン回しすればそこそこ手に入りますが、遠征で集めるほうが面倒がありません。

また、依頼札はともかく、手伝い札は遠征でしか手に入りません。大型刀が重症になったりすると100時間近く手入れ時間がかかることもあります。待てるならもちろん問題はありませんが、使いたい時に手伝い札がなくて泣かないようにふだんから集めておくといいでしょう。

連隊戦の間は遠征枠が減ってしまう本丸も多いと思いますが、それだけにしっかり回転させましょう。

今のところ告知はありませんが、ついでに連隊戦で消費した小判も補填しておくと次のイベントが発表されたのに小判がない、という事態を防げます。

小判(と札)は遠征を大成功させないと入手できませんので、桜づけを忘れずに。

「桜づけ」テクニック
編成画面で、刀剣男士の顔グラフィックに桜の花びらが飛んでいることがあります。
これは「桜」状態と呼ばれる、戦意高揚状態です。
意図的に刀剣男士をこの「桜」状態にするのが、「桜づけ」です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする