刀剣乱舞レベリングガイドへようこそ

大人気のブラウザゲーム・刀剣乱舞。
スマホ版やアニメなどから新たに審神者としてデビューした人も多いのではないでしょうか。

ところで、育成は順調ですか?

壁にぶつかっていませんか。

途中までは順調だったのに、
急に敵が強くなってしまってぜんぜん次のマップがクリアできない。
楽しくなくて、もうプレイしなくなっちゃったヽ(`Д´)ノ

刀装の補充と手入れで資材はかつかつ、手入れにものすごく時間がかかっていらいらする。
待ってられないから毎回手伝い札を使って、いつも手伝い札のストックはごくわずか。
せっかく新しい刀剣男士が手に入るイベントがやってきてもレベルが足りなくて
マップがクリアできない。
あるいは道中で出てくる槍にぼこぼこにされて、手入れしたいのに手伝い札がもうない・・・。

大好きなあの人が声をあててる刀剣男士が手に入らないままイベントが終わっちゃう・・・orz

そんなことにならないように、刀種やレベル、マップに合ったレベリングで、
しっかり手持ちの刀剣男士を育てておきましょう。

このサイトではレベリングをメインに、刀剣乱舞をストレスなく楽しむ方法を
お伝えしていきます。

突発春のパン祭り開催中

予告なしでいきなりパン祭りがはじまりました。

毎日デイリーを5種類達成することでシールが1枚もらえます。最高で21枚。

交換所はシール配布終了後の4月28日予定です。

交換可能な刀剣男士は祢々切丸まで(対象外:白山吉光、南海太郎朝尊、肥前忠広、北谷菜切、桑名江、水心子正秀、源清麿、松井江、山鳥毛、鬼丸国綱)ですが、刀帳に穴のあいているところがあれば活用しましょう。

修行道具も3点で1つもらえるようです。交換上限があるかどうかはわかりませんがうまくすれば手紙を7つなども手に入れられるかも?

太刀の極も予告されていますので、修行道具の在庫が足りない本丸はそちらも充実させましょう。

今後のイベント予定

3月27日に次の予定が発表されました。

まがまがの里が終わり、虚無期間です。

ボス泥率アップ・刀装特上確定などのキャンペーンが開催中。

刀装のストックに不安のある本丸は作っておきましょう。

ただし、戦力拡充は通常戦です。手入れ用の資材まで使い込まないように注意です。

おそらくはキャンペーン終了の4/14から、ずいぶんと久しぶりの戦力拡充。

周回報酬がリニューアルとなった上、どうやら確定で1口ずつは入手できるようです。

難民及び乱舞レベルを上げたい審神者には嬉しい報酬になりそうです。

仕様が変わっていなければ、戦力拡充は手入れの必要なイベントです。おそらく極刀剣に合わせて敵の強さも調整されていると思われます。

重周回するのであれば資源の準備はしっかりしておきましょう。

その後は特命調査第4段。初期刀すべてに1つずつ特命が用意されるようですね。今回は歌仙です。新刀剣男士も2口登場予定。

特命は課金以外では自然回復以上の行動ができないイベントです。過去の例からいって無課金でもいちおうクリアはできるはずですが、課金しないつもりであれば自然回復ぶんを逃さないようにしましょう。

戦力拡充がきます。鍛刀で資源・札を減らしてしまった本丸はしっかり補充をしておきましょう。

また、今月も小判計20万枚で軽装が4種追加されました。

軽装は小判回収アイテムです。新規実装だからと喜んでほいほい買っていると気がつくと小判が4ケタ、などということにもなりかねません。4月後半のイベントは小判は使わないようですが、使いすぎには気をつけましょう。

依頼札がどうしても足りない場合は大太刀を入れて4-1へ出撃すれば入手可能です。依頼札はマップでも拾えますが手伝い札は遠征でしか手に入りません。どちらの札も心許ないという時は、遠征は手伝い札重視のシフトで回しましょう。

一方、小判は課金では入手できません。小判を使うイベントは頻繁に開催されます。小判の使いすぎには注意しましょう。

1回のイベントを、ほぼ無課金で走る場合、小判はだいたい25000~30000を見込んでおけば足りるかと思われます。軽装を買い集める場合も、必ずそのくらいは残しておきましょう。

周回で忙しくても、資源と札と小判は遠征で入手可能です。

遠征を活用しよう
案外と軽視する人の多い遠征。
しかし、遠征をきっちり回すことこそが、安定した本丸運営の要になるのです。

また、札と小判は遠征が大成功しなければ入手できません。遠征に出す時は桜づけを忘れずに。

「桜づけ」テクニック
編成画面で、刀剣男士の顔グラフィックに桜の花びらが飛んでいることがあります。
これは「桜」状態と呼ばれる、戦意高揚状態です。
意図的に刀剣男士をこの「桜」状態にするのが、「桜づけ」です。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする