刀剣乱舞レベリングガイドへようこそ

大人気のブラウザゲーム・刀剣乱舞。
スマホ版やアニメなどから新たに審神者としてデビューした人も多いのではないでしょうか。

ところで、育成は順調ですか?

壁にぶつかっていませんか。

途中までは順調だったのに、
急に敵が強くなってしまってぜんぜん次のマップがクリアできない。
楽しくなくて、もうプレイしなくなっちゃったヽ(`Д´)ノ

刀装の補充と手入れで資材はかつかつ、手入れにものすごく時間がかかっていらいらする。
待ってられないから毎回手伝い札を使って、いつも手伝い札のストックはごくわずか。
せっかく新しい刀剣男士が手に入るイベントがやってきてもレベルが足りなくて
マップがクリアできない。
あるいは道中で出てくる槍にぼこぼこにされて、手入れしたいのに手伝い札がもうない・・・。

大好きなあの人が声をあててる刀剣男士が手に入らないままイベントが終わっちゃう・・・orz

そんなことにならないように、刀種やレベル、マップに合ったレベリングで、
しっかり手持ちの刀剣男士を育てておきましょう。

このサイトではレベリングをメインに、刀剣乱舞をストレスなく楽しむ方法を
お伝えしていきます。

期間限定鍛刀開催中

2月19日に白山吉光が期間限定鍛刀で実装されました。

だいぶレシピが重いようなので(800オール以上必須のようです。893オールというレシピが出回っていますがとくに優良配合というわけではなく、最初期に報告のあったレシピでかつ作為を感じる数字だったため拡散されただけのようです)、資材や札を吐き出してしまった本丸は今のうちに補充しておきましょう。

今後のイベント予定

2月22日に2月末~3月の予定が発表されました。

白山の鍛刀イベント終了と入れ替わりで、26日に蛍丸と石切丸の極実装。

その後大阪城と書かれていますが2月の位置にありますので、おそらくは同日実施。

最近はイベントが木曜開始のこともありますので、28日からの可能性もあります。

そのあとはまがまがの里。レア鍛刀2口の近侍曲追加です。

イベントはたいてい2週間なので、3月12日あるいは14日からではないでしょうか。

新刀剣男士はいないようですが、まがまがなので豊前江の再登場はあり得るかもしれません。初回登場からまだそれほどたっていないので別の刀かもしれませんが、その場合、過去巴形が報奨だったこともありますので静形の可能性もありそうです。

大阪城は手入れが必要なイベント、まがまがは小判消費イベントです。

素材と小判の備えを忘れずに。

とくに白山鍛刀で資材を吐き出してしまった本丸は注意です。

遠征を活用しよう
案外と軽視する人の多い遠征。
しかし、遠征をきっちり回すことこそが、安定した本丸運営の要になるのです。

資材の補充には遠征が最適です。

また、遠征では札(と小判)も手に入りますが、これらは遠征が大成功しなければ入手できません。桜づけを忘れずに。

「桜づけ」テクニック
編成画面で、刀剣男士の顔グラフィックに桜の花びらが飛んでいることがあります。
これは「桜」状態と呼ばれる、戦意高揚状態です。
意図的に刀剣男士をこの「桜」状態にするのが、「桜づけ」です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする