刀剣乱舞レベリングガイドへようこそ

大人気のブラウザゲーム・刀剣乱舞。
スマホ版やアニメなどから新たに審神者としてデビューした人も多いのではないでしょうか。

ところで、育成は順調ですか?

壁にぶつかっていませんか。

途中までは順調だったのに、
急に敵が強くなってしまってぜんぜん次のマップがクリアできない。
楽しくなくて、もうプレイしなくなっちゃったヽ(`Д´)ノ

刀装の補充と手入れで資材はかつかつ、手入れにものすごく時間がかかっていらいらする。
待ってられないから毎回手伝い札を使って、いつも手伝い札のストックはごくわずか。
せっかく新しい刀剣男士が手に入るイベントがやってきてもレベルが足りなくて
マップがクリアできない。
あるいは道中で出てくる槍にぼこぼこにされて、手入れしたいのに手伝い札がもうない・・・。

大好きなあの人が声をあててる刀剣男士が手に入らないままイベントが終わっちゃう・・・orz

そんなことにならないように、刀種やレベル、マップに合ったレベリングで、
しっかり手持ちの刀剣男士を育てておきましょう。

このサイトではレベリングをメインに、刀剣乱舞をストレスなく楽しむ方法を
お伝えしていきます。

イベント開催中

大阪城が開催中です。

藤四郎難民にさえほぼうまみのないイベントですが、撃破数で修行道具がもらえます。

地下に眠る千両箱(2019/05)
2か月前にやったばかりの大阪城です。今回も白山は掘れません。

今後のイベント予定

5月17日に5~6月の予定が発表されました。

ついにHTML5版実装の日程が公表されました。

5月28日とのことなので、現在開催中の大阪城の終了メンテと同時に切り替え可能になるようです。

一方で内番+1キャンペーンも行われるようです。

告知の順番を見ると大阪城の途中にはさんでくるでしょうか。

必ずステのどちらかが上がる、というキャンペーンですが、無制限にあがるわけではなく刀剣男士ごとに上限があり、そこに達している場合は何も起こりません。誤解しないようにしましょう。

6月には白山の鍛刀キャンペーン、経験値2倍/5倍キャンペーンとイベントのインターバルがあって、聚楽第の再開催がくるようです。長義をとりそこねた、もしくは前回聚楽第開催時には刀剣乱舞をはじめていなかった、あるいは長義の乱舞レベルをあげたい本丸向けですね。

告知当初は刀剣乱舞初のストーリーの存在するイベントか!と審神者を沸かせた特命調査シリーズですが、初回の聚楽第は先日まで開催していた土佐をはるかに下回るストーリー性です。土佐も、一番(唯一)ドラマティックだったのは告知動画であったことを忘れないほうがいいでしょう。刀の延長線に人などいませんでしたので聚楽第にもそういう意味での期待はあまり大きく持たないほうが賢明です。

そして、月末ごろには御手杵の極がくるようです。ということはその後は数ヶ月ずつあけて蜻蛉切・日本号と続いて今年の極刀剣の実装は終わりという感じかもしれません。

告知にはありませんが、7月はおそらく連隊戦がきます。

刀剣男士の育ちきっていない本丸では複数部隊での出陣が必要になります。

経験値アップキャンペーンもきますので、なるべく戦力の底上げをしておきましょう。

現在開催中の大阪城は刀装ロストのほか帰城で傷の回復しないイベントなので、マジ周回する場合それなりの消耗が発生します。

また、白山の期間限定鍛刀が予定されています。

前回は800オール以上での鍛刀で出現しました。

とくに白山ゲットをめざす本丸は資源及び札の備蓄にはげんでおきましょう。

遠征を活用しよう
案外と軽視する人の多い遠征。
しかし、遠征をきっちり回すことこそが、安定した本丸運営の要になるのです。

札(と小判)は遠征が大成功しなければ入手できません。桜づけを忘れずに。

「桜づけ」テクニック
編成画面で、刀剣男士の顔グラフィックに桜の花びらが飛んでいることがあります。
これは「桜」状態と呼ばれる、戦意高揚状態です。
意図的に刀剣男士をこの「桜」状態にするのが、「桜づけ」です。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする