2017/10~11イベント予定告知

10月10日に11月上旬までのイベント予定が告知されました。

大阪城のあとは4月以来2回めの江戸城がくるようです。

参考までに、前回の江戸城の攻略記事はこちら↓

江戸城潜入調査
新イベントがリリースされました。
マップで「鍵」を集めて持ち帰り、コンプガチャ形式の宝箱をあけていきます。

正直昨今ではありえないレベルで激ぬるのイベントでしたので、同一の仕様でくるかどうかはわかりません。

ここに新刀剣男士の文字が見えます。

前回の大阪城では宝箱1セットに必ず1人変態千子村正が入っていましたので素直に考えれば次の新刀剣男士は確定報酬となりますが、宝箱セットには入っておらずにボスのレアドロ等といった別の形で入手ということも考えられなくはありません。

一方、前回に類似した仕様であれば宝箱セット1つに必ず1セット修行道具が入っています。

前回は、600円払って宝箱をリセットすれば何回でも修行道具を集めることはできました。

どうしても修行道具を増やしたくて課金を厭わないのであれば、ここで集めるのも1つの手です。

脇差以降の極実装ラッシュで運営ツイートへのリプライにも「修行道具ねえよ!」というものがだいぶ増えてきているようですが、修行道具の足りなくなりそうな本丸は少しここで金を出しても集めておけば安心かもしれません。

ただし、あくまでも課金アイテムは宝箱セットのリセットが可能というだけで、リセットするために修行道具を全部引くのは自力ですので、周回するならかなりの根性と小判が必要です。回すなら心しておきましょう。

江戸城のあとはまた、まがまがです。

今度は大太刀の近侍曲が追加になるようですね。

江戸城もまがまがも小判消費イベントです。

江戸城で全力を出してまがまがを周回する小判がなくなった、というようなことのないように小判集めも忘れずに。

小判を増やす
小判は景趣を買う以外、役に立たないと思っていませんか。
一部のイベントは小判が必須です。課金では買えないのでふだんから意識して集めるようにしましょう。

また、まがまがは通例どおりであれば玉集めの報酬として刀剣が得られます。

前回は悪夢の10万で篭手切江でしたが、新刀剣男士の告知はないので今回も篭手切か、あるいはそれまでの何度かがそうだったように、コモンレベルの刀やせいぜいがばらまきや鍛刀イベントの副産物で最近はぷちレア程度の価値しかなくなってきた三日月や小狐などしか入れてこないかもしれません。いい加減、とりこぼしている人の多い巴形以降の新規実装刀剣を多少入手可能にしてほしいところですが、何がくるにせよ、篭手切のような極悪鬼ノルマではなく、常識的なノルマでとれる程度にしておいてほしいものです。

そして、7月下旬以来4か月ぶりの、期間限定鍛刀の予告のない告知です。

といっても、8月に予告なしに三池や小烏丸・村正といった通常鍛刀不可の刀の限定鍛刀をぶちこんできた過去もありますのでまったく資材を奪われないかというと安心はしていられないかもしれません。

それこそ巴形以降の限定鍛刀の刀剣のリバイバルもないとは限りません。

資材回復及び上積みは油断せず続けておきましょう。

鍛刀イベントに備えて無課金で資材を全力で回復する
連続で鍛刀イベントがくることが予告されました。
いい機会ですので、なんらかの理由でごっそり資源が減った場合の回復方法を書いておきます。
関連記事



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク