兎追いし団子の里

新たなksイb苦行が投入されました。

※掲載されている情報は暫定的なものであり、新情報や検証によって変更される場合があります。ご理解をお願いいたします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イベント期間

9月19日18時~10月3日13時59分

例によってメンテ突入までです。

時間は確約されたものではありません。

前日の夜あたりに運営がツイートするメンテナンス予告を確認しておきましょう。

報酬

イベント任務は1つだけです。

団子を与えられた刀剣男士の新ボイス各1種(蘇言機による再生不可)

景趣「秋の庭 十五夜」

イベント内容

マップを周回する、あるいは購入して団子を集め、刀剣男士に合計50回与える

※マップから入手可能な団子は最大50。51こめ以降は課金必須

難易度☆1でわかるとおり、敵を倒すことじたいにはまったく苦労しません。

ただし、運が悪いと団子がまったく引けません。

死んだ目で団子がたまるまで画面をクリックし続けるだけの簡単なお仕事です。

団子の入手手段

  1. ボスドロップ(3つ)※ただしボスマスの位置は出陣ごとにランダム
  2. ごくまれに出現するうさぎが移動した先の終端マス(1つ)
  3. ごくまれに発生する敵からのドロップ(1つ。確保源としてはあてにできない低頻度)
  4. 万屋で購入(1こ60円)

1/4のボスが引けることとうさぎが出ることを祈りながらひたすら無心で周回するか、金を出してさっさとクリアするか、あるいは途中で投げて残りを買うかという選択です。

マップ

  • 夜戦(屋外)扱い。短脇有利(太刀大太刀でも育っていればまったく問題ない)
  • 道中マスはすべて敵が出現(弱い)
  • 終端マスはボスもしくは資源(突入ごとにランダム)
  • 黄色で囲んだマスは能動分岐。進みたい先のマスをクリックする(中央到達以後は自動進行しない)
  • 通常3戦、ボスマスを引ければ4戦
  • まがまが等にある中断セーブ機能はナシ。ゲームを落とすと本丸から再開

うさぎがまったく出ないという前提で、ボスマスは1/4の確率で引けるので4周ごとに団子が3こ入手できる計算になります。

集められる団子はMAXで50なので、ボスマス17回到達でクリア。確率が収束するという前提で、おおよそ68周すれば揃うことになります。

もちろん、300周しても揃わない本丸はあるでしょうし、20周そこそこで揃う本丸もあるでしょう。たぶん、体感では「絶対に1/4よりずっと少ない!」と感じると思います。

ですが、無課金でイベント参加した全本丸が団子を集めるまでの周回数の平均をとれば、おそらくこのあたりに落ち着くはずです。

もっとも、うさぎが出たら人情として追ってしまうでしょうから、確率上3こ入手可能だった団子が1になりますので、理論上、じつはうさぎが出れば出るほどクリアは遠くなります。

今回は団子が50ですのでそれほど差は出ないと思いますが、開催をくり返すごとにクリア必要数が増えていって、新刀剣男士が確定報酬、団子1000などと言われた日には・・・。
さぞや万屋が賑わうことでしょう。

うさぎ

出陣時、ごくまれに、中央のマスにうさぎのシルエットが出現します。

それを見守っていると、終端マスのどれかへ移動しますので、そのマスを踏みにいきます。

確定で団子が1つもらえます。

1つだけです。

獲得画像に兎が追加されます。

兎を無視してボスマスをあてられればそのほうが団子は入手できます。

兎がボスマスと重なった場合は、団子が4こになりますが、あくまでうさぎからの入手扱いで「敵撃破報酬」ではなくなるようです。

疲労度について

今回のイベントマップは、通常マップとちがって、 疲労度の増加が非常に高く設定されています。

出陣時

1周周回後(終端は資源 誉は小竜・青江・青江)

100スタートの骨喰がわかりやすいですが、誉をとっていない刀剣男士は、隊長ボーナスを3*3=9もらっている篭手切を除いて全員疲労度が-31となっています。

マップは基本3戦、最大4戦のため、隊長で3戦誉あるいはボスを引いて全戦で誉をとらない限り、疲労度は確実に減っていきます。

つまり、桜回しや誉を分散させて疲労度を軽減するようなプレイができません。よほど確定の誉泥棒がいない限り(いたとしても)、そのうち全員が疲労します。

ただし、マップじたいの難易度は、まだ4面がクリアできない本丸ならちょっと苦労するかな、というレベル。赤疲労だろうが気にせずガン回しで問題ありません。

詳しいcond値の減り具合は

  • 戦闘なしリロード帰城で-16
  • 1戦して帰城で-15
  • 2戦帰城で-20
  • 3戦帰城で-25
  • 終端マスからの帰還で-31

となっており、出陣時に-16、初戦勝利?S勝利?で+1、その後1マス進むごとに-5、終端マスからの帰城時にさらに-1?と無駄に複雑な設定になっているようです。
とりあえず、「出陣して誉をとらずにマップをクリアして帰城すれば-31」と覚えておけばいいでしょう。

推奨編成・戦術

繰り返しますが、周回の難易度は非常に低いので本当はなんでもかまいません。

が、あえて挙げるのであれば、上記を鑑みて、推奨編成は

遠戦ガン積み極単脇6/育成刀1~2+遠戦ガン積み極短脇
※遠戦装備はなるべく同種に統一

とします。

育成刀も、装備できる刀種なら遠戦ガン積みです。

※確実に全員が先攻できるなら演出を見なくてすむぶん、非遠戦装備のほうが周回速度は早くなりますので、高速周回をしたい本丸は軽歩あるいは軽騎ガン積みで。

陣形は有利あるいは不利以外雁行陣、そして、

赤疲労ぶん回し

を推奨します。

この、むだに疲労度を蓄積させる仕様のマップで、オレンジ・赤になるごとにいちいち疲労抜きなどしていては苦行がさらに苦行度を増すばかりです。

しかし、疲労、とくに赤がつくと刀剣男士のステータスはかなり(たしか30%)下がりますので、あまりにも低レベルであったり、夜戦に向かない刀種だと1人1体ワンパンS勝利はあるいは難しくなっていくかもしれませんので、なるべく高レベルかつ遠戦も使える刀種で部隊を組んでしまうのが手っ取り早いでしょう。

極刀剣ならもとのステータスも高いので、全員cond0で真っ赤になっていてもS勝利がとれます。

また、遠戦ガン積みなら遠戦で最低でも1本は敵を落としますので、極刀剣は最大5いれば1ターンで敵の殲滅が可能です。

ただし、敵を食い残して攻撃するチャンスを与えてしまうと、1発で刀装のHPが3食われますので、敵の攻撃が集中した場合刀装をロストする可能性が、わずかですが存在します。

もちろん刀装の3つや4つロストしたところで痛くも痒くもない、それよりまだたくさんいる低レベル刀剣のレベリングを優先したい、ということであれば、快適性が損なわれないレベルまで適宜極刀剣の数を減らしていくといいでしょう。

Sはとれなくなるかもしれませんが、極が0でもレベルがそこそこあれば赤疲労周回は可能です。

編成例。金投石ガン積み。これで全S周回可能です。
※軽傷がついているのは戦力拡充で槍にぶすっといかれたのをデイリー手入れの順番待ちで放置しているだけで、このイベントで負ったものではありません。

団子の与え方

団子は疲労回復アイテムです。

団子を与えたい刀剣男士を部隊に編成し、

編成画面下部の「疲労回復」をクリックします。

「一口団子」を選んで、与えたい刀剣男士を選んで与えましょう。

ゲームサービスイン以来2年9か月にしてはじめて実装された追加ボイスが流れますのでミュートしていて気がつかないようなことのないようにしましょう。

また、団子は疲労度を70に引き上げるアイテムです。

したがって、疲労度70以上の刀剣男士には与えられません。

桜の有無とは関係なく、69以下であれば与えることが可能です。

0の刀剣に与えても69の刀剣に与えても70になりますので、ボイスを聞く以外の用途で使用する場合は無駄のないように使いましょう。

団子を与えられる状態にする(疲労度の効率のいい下げ方)

ボイスを聞きたい推しが一人きりであれば誉を絶対にとらないように調整して一周ごとに食べさせていけばいいですが、そもそも無課金の場合入手数に50の上限がありますので、50人からボイスを聞きたいという審神者も多いのではないかと思います。

ボイスを聞きたい刀剣男士がいるのに桜がついていて団子が使えないΣ (゚Д゚;)

という場合は、

目当ての刀剣男士を部隊に入れて、団子の里へ出撃

→その場でリロードして帰城 を2回

することで確実に全員を団子使用可能状態にできます。

cond値の見られない人は誤解しがちですが、団子の使用条件は桜がとれていることではなく、cond値69以下です。

刀剣乱舞は艦これとちがって出撃時にcond値を引く仕様ですが、今回に限り、上述のように非常にわかりづらく面倒な計算をしているようです。

リロードをすると、とくに昨今はFlash対応の違いでブラウザによっては読み込みにだいぶ時間がかかりますので、一人だけ隊長+遠戦積み+馬で最速に調整して誉を固定してマップを一周することで5人を-31にして入れ替えていくほうが早いかもしれません。

攻略中にボイスを聞きたい刀剣男士のストックを完成させて、残りの団子を攻略用赤疲労部隊で集めるというのも選択肢の一つになるでしょう。

無計画に出陣させると誉が分散して一度にcond値を減らせる刀剣男士が減りますので注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする